【福岡】アパート経営におすすめしたい不動産投資会社5選!実績も豊富でサポート対応も評判の会社を厳選比較で紹介します!

アパート経営の投資物件は中古と新築どちらがおすすめ?

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/19

福岡でアパート経営を始める場合には、まず土地柄を把握しつつ不動産投資会社を探すことになります。ただ、アパート経営の投資物件として、中古がよいのか、新築で進めるべきなのかはいろいろ迷う部分が多い所でしょう。そこで今回、福岡でのアパート経営で、どっちを投資物件として話を進めるべきか、ポイントを3点ほどお話しします。

福岡の地域事情を考えて物件を探す

福岡は九州屈指の人口規模を誇り、学校の数や海外との交易と観光客数で、他の追随を許さないものがあります、天神駅周辺の再開発も進んでいて、アパート経営のみならずマンションなどの不動産投資先としては、理想的な条件が整っている場所といえます。人口増加率は今後も順当に伸びて行く模様であり、どういった層を狙いに定めるかによって、中古物件でも新築物件でも一定の利益が見込めるのは間違いないです。

ただし、別の見方をすると、こちらと同じ様に不動産投資で財産を作ることを考えている人達が、福岡には相当数集まっているということでもあり、周辺環境の慎重な調査をした上で投資物件を選抜しないと、他の人の投資物件に魅力の上で大きく負けてしまうリスクがあるともいえます。そういった見方をするのであれば、たとえば価格が安いからというだけで中古物件を即選ばない方がよい場合もありますし、その逆で新築物件でなくとも充分利益が見込める場合も充分有り得ます。

専門的なサポートに関しては、最終的には不動産投資会社にお願いすることになりますが、そういった周辺事情を勘案した上で、大手会社の広大なネットワークに頼って物件を探すか、それとも特定のエリアに大きい力を持つ地域密着型の会社を選ぶのかを考えておくと、頭の中が整理しやすいです。とくに必要に応じて中古物件はリフォームなどもしなければいけませんので、最初の段階でいろいろな面を詰めておくことは重要でしょう。

アパート投資のメリットとデメリットを確認しましょう

中古物件と新築物件両方に共通のことですが、アパート経営にはメリットが4つほどあります。まず、建物の資産価値が下がったとしても土地が残りますので、資産性が大変高いという点です。続いて部屋数がたくさんあるという点で、ワンルームマンション経営のように空き室が出たとしても、即収入が0になってしまうということはない点も大きいメリットといえます。もちろん、理想は満室状態であるのは間違いないですが、誰かが入居していることで常に収入が確保されるのはやはり大きいものがあります。

3つ目として、利回りのよさという点も見逃せないメリットですし、4つ目には、木造建築の減価償却期間は22年なので、それが経過するまでは毎年節税対策に使えるということが挙げられます。

これに対してデメリットは、中古の場合は意識の必要がないですが、初期建築費用が一定額掛かることが挙げられます。他にも木造建築の耐用年数の30~40年が経過してしまえば、修繕工事の費用が掛かりますし、何かの理由で周辺の地価が下がってしまえば、その煽りは確実にこちらへやってくることになります。

その点を考えるのであれば、投資先には「常に将来性のある地域を選ぶ」というのが、生存戦略には必須条件といえます。こういった点を勘案するのであれば、物件選びには「その時点での価値」だけではなく「周辺環境の事情」と「維持管理費」、「30~40年後を見据えた次手の熟考」の3点を考えておくことがとても重要だといえるでしょう。

中古物件と新築物件のどっちがおすすめですか?

福岡のどの地域に、どういった経営戦略を持った上で物件を探すのかでまったく変わってしまいますので一概にはいえませんが、「初期建築費用」と「リフォーム代」、そして「減価償却の残高がどの程度残っているか」の3点が重要ポイントと思ってください。

もしも予算が充分にあるというのであれば、率直にいって新築を選んだ方がメリットは大きいです。減価償却の期間も目減りしていないまま使えますし、リフォーム代を即気にする必要もありません。周辺環境が現在から30~40年の間にどう動くかといったポイントには注視しておくべきですが、大きいポイントとしては、不動産投資会社のアフターサポートなどもしっかりチェックしておけば申し分ないです。

では中古物件がダメなのかといえばそんな事はなく、まずどの物件にリフォームの必要があるのか否かという点と、減価償却の残高をしっかり確認しておくことが第1歩となります。築年数が20年以上になってしまえば、購入したとしても大規模なリフォームが必要となってしまいます。

他にもリフォーム自体ができない物件があるということも、要注意ポイントです。リフォーム可能なのは「一戸がコンクリートの壁で囲まれていて、間仕切り壁が木や軽量鉄骨でできている建物」であり、「建物全体を支える壁や柱や天井といった部分」には手を加えることができません。新築ではない以上、既に住民が住んでいるならば、住民達と話し合う必要が出ることもありますので、この部分をしっかりカバーできるというならば、中古物件で話を進めるのも悪くありません。

 

アパート投資におけるメリットとデメリットをしっかり把握しつつ、福岡のどの地域にどういった層をターゲットにして経営戦略を立てるかが第1歩となります。その上で「初期建築費用」と「リフォーム代」、「減価償却の残高がどの程度残っているか」の3点を考えて、充分に余裕がある場合は新築、頭の中である程度の生存戦略が立っているというのであれば中古と考えておけば申し分ないです。

【福岡】アパート経営におすすめの不動産投資会社

商品画像
商品名三和エステート株式会社株式会社アイケンジャパン株式会社シノケンプロデュース株式会社愛和株式会社モダンプロジェ
特徴入居率99%超を誇る不動産運用のワンストップサービスの提供確かな物件力と管理力で業界トップ水準の入居率を誇る資金調達や税金面などアパート経営開始前後のトータルサポート投資戦略 とファイナンスアレンジの個別プランニング設計福岡と長崎中心に無理のないアパート経営のトータルサポート
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索