【福岡】アパート経営におすすめしたい不動産投資会社5選!実績も豊富でサポート対応も評判の会社を厳選比較で紹介します!

アパート経営は会社化(法人化)すべき?メリットとは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/19

法人税率の低下や個人の所得税率のアップによって、アパート経営を会社化する人が増えています。会社は個人ではなかなかできないようなことを実現でき、いろいろなメリットを得ることが可能です。法人化には規模の目安も大事になるので、事前に福岡にある業者に相談しておくと安心して法人化できます。

法人化すると節税対策に利用できます

アパート経営の法人化にはさまざまなメリットがあり、税率が低いことがあげられます。個人より税金の支出を少なく抑えることができるので、お金を多く残すことが可能です。個人税率は高額所得者になればなるほど上がっていくので、高額所得者だとアパートは会社化した方が節税対策になるでしょう。

相続税対策として活用でき、新しく設立した会社にアパートを保有する場合、3年が経過すると株を評価するのに資産評価額が個人と同じく相続税評価額を利用することが可能です。個人と同じ方法で求めた相続税評価額について、時価より小さくなります。法人は設立してから3年経過すると資産評価額を小さくでき、相続税に関する節税対策を行うことが可能です。

株価が下がると低い株価により贈与税の非課税枠範囲内において、生前贈与できます。相続資産分割がしやすくなり、アパートは会社化によって相続財産について不動産から株式に変更する仕組みです。たとえば300株あると3人に対して100株分けることができます。アパートが個人所有だと3つに分けることはできず、不動産を分けようとすると相続人同士において不平等が生まれるかもしれません。法人化により相続対象を分けにくい不動産から分けやすい株式にアレンジすることが可能です。福岡に業者に相談すると相続人同士ともめずに、スムーズに手続きできます。

個人よりも経費が認められるケースが多い

法人化すると、役員報酬で所得を移転できます。個人の場合はアパートで得た収益について、所有者本人のものになります。相続税の納税資金を子どもに移転させたいなら、贈与になってしまうケースが多いです。贈与の場合は1年間の内110万円超えると、もらう方に贈与税が発生するので注意が必要です。子どもに法人から役員報酬として与えるようにすると、贈与に該当しません。そのため贈与税の非課税枠を気にせずに、資金を移転することが可能になるのです。

経費が認められる範囲が広くなっていて、法人にすると個人より経費の認められる範囲は広くなるメリットもあります。個人の場合経費と家事消費と分ける必要があるので、経費で落とせるケースが限定的です。法人はもともと利益を追求する組織になるので、無駄な経費を使わない考え方が前提です。そのため経費で認められる範囲が個人より法人が広くなるので、節税もしやすくなります。

欠損金の繰越期間が長く、繰越欠損金はある年に生じた赤字については、翌年以降繰り越すことが可能な損金です。赤字を出すと翌期以降節税できるのが特徴的で、翌期に控除しきれない場合は翌々期以降にも繰り越せます。繰越期間は法人が10年で、個人が3年になっています。福岡の業者には節税に強いスタッフが在籍しているので、効率よくコストを抑えることが可能です。

認知症になった場合もカバーできます

会社にすると認知症対策にも利用することが可能です。法人は出資者や保有者と経営者は異なるので、家族を役員にしておくと出資者本人が認知症になってもアパート経営は役員により通常通り経営できます。個人だと所有者が認知症になると、家族が成年後見人などにならない限りは代理で資産を移動できません。突発的な修繕でも認知症になった本人口座からは修繕費を引き出すことは無理です。法人化していると家族の役員が口座から修繕費を引き出すことができ、アパート経営を問題なく維持できます

法人で経営をするなら、役員報酬を決めることも大切です。役員報酬は1年一度しか決定できないので、最初にいくらもらうか決めておかなければいけません。役員報酬は増やすことができませんが、従業員給与の場合期中でも変更できます。

アパート経営になると基本的に不労所得になるので、給料に見合った労働などが発生しません。そのため会社化でアパート経営する場合、親族を役員にしておき役員報酬により収益を配分するのが一般的です。アパート経営の初年度は不動産取得税などの諸費用があるのでの収益は低くなる傾向ですが、2年目からは安定していきます。役員報酬の取り決めなどについて、福岡の業者に相談すると適切な価格をアドバイスしてくれるので便利です。

 

アパート経営の会社化の目安は所得が1,000万円超えるようになった場合です。法人化のメリットとしては税率が低くなる、相続税対策になることがあげられます。相続資産の分割がしやすくなる、役員報酬により所得を移転できるとなど柔軟な対応も可能となります。さらに、経費として認められる範囲が広くなるので、いろいろなメリットがあるといえるでしょう。

【福岡】アパート経営におすすめの不動産投資会社

商品画像
商品名三和エステート株式会社株式会社アイケンジャパン株式会社シノケンプロデュース株式会社愛和株式会社モダンプロジェ
特徴入居率99%超を誇る不動産運用のワンストップサービスの提供確かな物件力と管理力で業界トップ水準の入居率を誇る資金調達や税金面などアパート経営開始前後のトータルサポート投資戦略 とファイナンスアレンジの個別プランニング設計福岡と長崎中心に無理のないアパート経営のトータルサポート
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索